老人

泌尿器外来に行こう

医者

泌尿器科は副腎や腎臓、尿管、膀胱、前立腺などのホルモンを産みだしたり排尿に関係する臓器全般を対象として診療を行います。排尿に障害がある場合、尿路感染や尿路結石の疑いがある場合、またはがんの恐れがある場合には泌尿器科に相談することが適切です。泌尿器科は病院にもよりますが、基本的には患者の年齢層は高い傾向にあります。男女比として見ても男性のほうが多いため、若い女性の方で通いづらいと感じる方はその泌尿器外来には女医がいるかどうか、女性のみ診療を受け付けているかどうか確認することをおすすめします。全国的に見ても数は限られますが、さほど距離が離れていないようであればそちらに通われたほうがいかもしれません。

泌尿器科というと若い年齢層には無縁のような科目に思いがちですが、若くても泌尿器科に通われている患者というのは少なくありません。また、加齢とともに男性は前立腺肥大やがん、女性は骨盤底筋群の衰えによる尿漏れを発症しやすくなるため、泌尿器科というのは意外と身近な科目であることがわかります。高齢化が進む中で、泌尿器科の役割というのは非常に大きな意味合いを持つようになりました。また、高齢化に伴い泌尿器以外の病気を併せ持った患者が多くなったことから、他の診療科との連携というものにより一層比重を置くことを求められるようにもなりましたそして、患者が泌尿器科に対して思うイメージを少しでも変えることができるように、誰にでも通いやすいような環境作りを院内で働く全ての人たちでつくり上げる必要があると思っています。