老人

排尿のトラブルの改善方法

排尿のトラブルの豆知識

困る

排尿のトラブルは男女を問わず40代頃から増加する。排尿トラブルで最も多いのが過活動膀胱である。過活動膀胱は加齢によって膀胱の筋肉が弱まることによって発症する。もし、過活動膀胱になるとトイレに行く回数が増え、就寝中にも尿意を催して何度もトイレに行くなど、日常生活にも支障が及ぶ。過活動膀胱などの排尿トラブルは、泌尿器科に通院すると治療が受けられる。しかし、尿をする時に性器に激痛が走る症状は、淋病を患っている可能性がある。淋病は性病の一種で、新宿の泌尿器科では淋病などの性病の治療も行っている。淋病は性行為によってパートナーに感染するので、思い当たる節がある場合には、早めに新宿の泌尿器科で治療を受けることが必要である。

排尿トラブルの特徴

排尿トラブルには、トイレに行く回数が増えたり、排尿をする時に性器に痛みを感じるなどの症状がある。トイレが近くなる症状は、過活動膀胱や膀胱炎、尿道炎などを患っていることが考えられる。膀胱がんを患っている恐れもあるので、早めに泌尿器科の病院で診察を受けることが必要になる。排尿痛の症状がある場合は、腎結石や尿路感染症などの疑いがある。淋病やクラミジアなどの性病に感染していることも考えられるので、なるべく早く泌尿器科を受診するようにしよう。新宿の泌尿器科の病院では、あらゆる排尿痛の治療が受けられる。排尿痛だけでなく、包茎手術も新宿の泌尿器科でしてもらうことができる。また、へそから膿がでる臍炎や尿膜管遺残症の検査と手術も可能である。