老人

排尿のトラブルの改善方法

困る

排尿トラブルには、トイレが近くなる過活動膀胱や、排尿時に痛みが走る淋病などがある。いずれの症状も新宿の泌尿器科で治療を受けることができる。新宿の泌尿器科の病院では包茎手術を受けることもでき、臍炎や尿膜管遺残症の治療も可能である。

詳細を確認する

泌尿器外来に行こう

医者

泌尿器科はホルモン産生や排尿に関する臓器全般の疾患を診療する。女性で通いづらいと感じる場合は女医がいるか、女性専門の泌尿器科であるかで絞る。泌尿器科は身近な科目である。高齢化に伴い他の科目との連携、患者が通いやすいような環境作りが今後の課題である。

詳細を確認する

生活に支障をきたす前に

梅毒を発症させる原因を知っていますか?性行為以外にも、血液や母体を通して子どもも発症させることもあるので、早めの完治を目指しましょう。

尿漏れを解消する方法をたっぷりと紹介しています。高い確率で発症させる女性の多くが、正しく改善できていますよ。

トレーニングで改善する

困る

尿漏れの原因としてまず考えられるのが骨盤底筋の筋力低下です。骨盤底筋は骨盤の一番下にある筋肉のことで、骨盤や各内蔵を支えている重要な部位です。この骨盤底筋の働きが弱まってしまうと尿漏れの原因になりやすいため、尿漏れを自覚した人には是非骨盤底筋トレーニングをおすすめします。骨盤底筋のトレーニングは基本的に肛門と膣を締める、弱めるという運動が基本形となります。この時、尿を我慢する時のような意識を常に持つことにより、効果的に骨盤底筋を鍛えることが出来ます。骨盤底筋を鍛えあげることは尿漏れ防止に直結します。そして、尿漏れを自覚したら、まずは専門のお医者さんに相談をして適切な治療法を行うようにして下さい。

現状と今後の動向

40歳以上では男女8人の内1人が尿漏れなどの過活動膀胱を自覚しているということがわかりました。この中で、約半数が急に尿がしたくなりトイレまで我慢できずに漏れてしまう切迫性尿失禁に悩まされているということでした。尿漏れには神経のトラブルが原因になるものと、骨盤底筋や何らかの原因で神経が過敏になってしまうものとがあります。どちらも生活に支障をきたす場合であればただちに診察を受け、治療に入ることをおすすめします。近年では、女性の社会進出や骨盤底筋の働きが低下することにより患者数も増加傾向にあります。尿漏れは放置していても治るものではありません。泌尿器科など専門的に尿漏れについて診療を行っている病院を探し、迅速に対処することが大切となってきます。

生活していくと欠かせない

看護師

尿のトラブルを泌尿器科で解決すると太ったと思っていた体系がスリムになるのです。老廃物を出すことが上手くいくと肌が綺麗になるのです。これは全て仕事でトイレに行く暇が取れずに腎臓に負担がきていたから起きていた症状だったのです。

詳細を確認する